ぱぴるすのお金について真剣に考える

株式投資やお金について真剣に考えるブログです。

<自己紹介①>2013年以前、投資を始めるまで<リーマンショック>

2008年、リーマンショックをきっかけに投資に興味を持つようになる

 私が投資について考えだしたのは2008年のころです。当時、いわゆるリーマンショックとよばれる一連の流れの中で、株式や為替に関するニュースが多くなっていました。平凡な家庭に育った私は、それまで株式投資という言葉は知っていても、それがどういうものか、みたいなことについては調べることもなかったです。しかし、連日暴落や倒産やら言われているなかで初めて興味を持ちました。そして、漠然と情報を見ていくことになりました。「今○○買えば絶対もうかる!」や「今ドル絶対買うべきでしょ!」とか家族や友人に言っていた時期でもあります。今思うと恥ずかしいですし、2011年東日本大震災の後に損切してしまうと恨まれることにもなっていました。

 

2013年、大学在学中に投資をはじめる。

 投資をするためには一つ必要なものがあります。それはお金です。というわけで、高校から大学2年ぐらいにかけてバイトして、50万円を作りました。それで投資をはじめることになります。また、ほかにも知識が必要だと思い、いろいろな本を読んで勉強していました。読んだ本は『毎月30万投資で稼ぐ方法』とか『これであなたも億万長者!?』みたいな、これまた今思うと恥ずかしい本ばかりです。でも、私にとって投資をしようという気持ちは高まるものでした。そうして、私は10万円以下の取引で手数料無料という松井証券につられ、はりぼての知識となけなしの50万円を武器に、株式投資への門をくぐったのです。(次回に続く)

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします