ぱぴるすのお金について真剣に考える

株式投資やお金について真剣に考えるブログです。

<損切り>4/16~4/19の取引

トレード内容

4/16 日経レバショート300株→300株利益確定 持ち越し250株

4/17 取引なし 持ち越し250株

4/18 日経レバショート250株 <損切>日経レバショート500株 持ち越しなし

4/19 夜間PTSで日経レバ200株ロング

 

計200,000の損切

 f:id:papyrus1:20180419234842p:plain

思考内容

 

4/16~17 22000行かない限り、下にベットするという思考の元の行動 

4/18 昼目覚め、22100を見て、即座にショート(なぜしたのかわからない)

   たぶん負けを認めたくない本能。後場寄りで切って、持ち越し分損切の形に。

4/19 こちらはチャートみて日経ロング。

   前のショートより根拠強いので勝ちたいところ。

まとめ

 反省点として、そもそもインの時点でギャンブルトレードとしているのに、これだけの枚数でのトレードをするべきではなかった。また、勝率高い場面でのみやるべきだったのでは?と考える。で現状ロング目線でPTSで日経レバとりあえず買っときました。22,000割れで損切します。株価や指数が上がると買いって、バリューの人からは考えられないし、自分も考えられなかったけど、今はそういう視点も短期ならあります。今回のトレードが成功するかはわかりません!

 

 

 ※本ブログ、Twitterの情報は必ずしも正確であるとは限りませんし、予想についても個人的な見解です。投資は自己責任で。

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

<含み損>4/11~4/13の取引

トレード内容

4/11 件の建設株600株売却。

4/12 日経レバショート300株→50株利益確定 持ち越し250株

4/13 日経レバショート150株→150株利益確定 持ち越し250株

現在60000円程度含み損

思考内容

4/11 全体相場に疑問、1%以上利益があった、ガイダンスリスク、

   建設業全体のリスクで利確。

→結果、利確後急伸。翌日下げるも、4/13上昇。利益を伸ばすべきだった。

 

4/12 21700以上の重さを感じて日経レバショート。

   この位置だと損切りラインも明確かと思いギャンブルショート。

   段階的に利益確定とおもい指値、50株のみささる。 

→結果翌日上昇、含み損悪化。

 

4/13 21900円付近の重さを見て日経レバショート増し→

   21700円台の堅さを見て夜間怖いなと利確。

   持ち越し放置は損切ラインに来ていないため。

→結果、4/16の相場次第

 

まとめ

4/13の夜間の日経先物ドル円、アメリカ市場を見ていると、先物底堅いが上値も重い、ドル円は円安に振れたそうだけど108円に行くパワー不足、アメリカ市場弱い、というような印象でした。アメリカのシリアへの件も本日4/14午前にありましたが、日経平均には限定的な影響であると考えます。国際情勢については無知なので、これ以上の言及は避けますが、この件を通して、人間は利己的動物であるとしたホッブズリヴァイアサンが思い出されました。はたして、万人は万人に対して狼なのでしょうか?

 

 

 ※本ブログ、Twitterの情報は必ずしも正確であるとは限りませんし、予想についても個人的な見解です。投資は自己責任で。

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

花粉症でつらい。そんなときは病院へ

 

 こんにちは。ぱぴるすです。私は重度の花粉症なのですが、病院にいき、薬を処方されることで改善されました。その経験談をいまから書いていきますので、皆様の参考になれば幸いです。

 f:id:papyrus1:20180412195236p:plain

具体的な流れ

 私は例年花粉症に悩まされていました。薬を2か月近く買わなければならないのでお金もかかるし、飲んだとしても鼻水や目のかゆみはある。そのような状態です。そして最近。金銭的に、花粉症薬を薬局で購入するより、医者を介して処方してもらう方が安いということを知りました。せっかく保険料も払っているわけだし、たまには受益者に回りたい。そんなわけで、今年は初めて病院にて薬を処方してもらいました。

 診察は待ち時間はあったとはいえ、実際にお医者さんとあれこれする時間は3分ぐらいなもんです。それで処方箋をもらって、薬局で薬をもらいます。その薬はアレグラでした。市販のものと同じと思います。そしてそれを2週間ほど服用しました。しかしヒノキ花粉が400倍等と言われだした時期から、薬を服用していても、花粉症の症状が強く出て、夜に鼻づまりからか寝れない、寝ても目が覚める、仕事中も鼻が出たり、のどが痛い、と効果を実感できなくなります。そして、もう一度病院に行ったところ、アレロックという薬を処方され、現在では症状はかなり緩和されています。

 

メリット

・費用削減。市販薬以上に強い薬を処方できる→症状緩和

デメリット

・時間が必要。強い薬→副作用も強い傾向

 

結論

 個人的な結論は、病院をこれからも利用するということです。理由は副作用よりも症状がつらいこと。内科、耳鼻咽喉科、アレルギー科なら自分の周りだと大抵花粉症についても扱っているので、仕事をしていても行きやすいことがあげられます。最後に、同じく花粉症で悩んでいる人に伝えたいのは、一回病院にいって薬を処方され、それが効かなかったといってあきらめるのではなく、もう一度医師に相談してみてください。強い薬を処方してもらうとか、飲み薬以外の方法、いろいろ提案してくださると思います。

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

4/9&4/10の取引

 

本日もお疲れ様です。

この取引記録カテゴリの記事は、週一回以上のペースで自分の前記事以降の取引をまとめていきます。それでは4/9と4/10の取引を早速振り返っていきます。

 

 

私の現在の投資スタンスは4/8の以下の記事でも言及したように、ほしい株が安くなれば買うです。また、このハイボラティリティな相場では、短期で的確な判断をしていかなければならないと考えています。

moneyandinvestment.hatenablog.com

 

その考えに基づき、4/9、短期で資産的に考えて極めて割安な水準までおち、チャート的に買える形になった三菱倉庫を2275円で500株購入しました。そして2320の終値をみて、4/10のダウや寄り直後の動きを見て怖いなと2308円程度で売却しました。こんなハイボラ相場でないか、自分の資産がめちゃくちゃあれば保有を継続していきたいところではあるのですが。

f:id:papyrus1:20180410203202p:plain

 

 そして4/9、とある建設株を300株買いました。この建設株、毎度決算のガイダンスリスクが尋常じゃない(来期予想をかなり低く見積もる傾向にある)のですが、PER、PBR、配当利回り等考えると買いかな?と思い買いました。建設業という業界自体の動向や固有の要因でやや不安はあるのですが、そしてだから下がっていると思うのですが、他社建設株と比較するとよりよい部分が多く感じます。また4/10も下げた局面があったので指値に引っかかって買い増し、結果600株保有しています。現状含み益。

以上がこの二日間の取引になり、全体資産で考えると1%以下ですが増加しています。

 

 

また、よりリアルタイムに近い形でTwitterにも書いていますので、ご覧ください!

twitter.com ※本ブログ、Twitterの情報は必ずしも正確であるとは限りませんし、予想についても個人的な見解です。投資は自己責任で。

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

<自己紹介③>2014年、分売!ETF!仕手株…<仕手株との別れ>

2014年は仕手株掲示板との別れの年でした。

 2013年、初めての投資にも拘わらず+18%もの利益を得た私は当然調子に乗ります。そしてもともとの投資資金59万に21万を加えた80万で投資を始めることになりました。また断続的にバイトの給料やなんかを投資に回し、計70万を追加で入金しています。最初は順調だったと記憶していますが、2月ごろからの暴落に巻き込まれ、プラスを全部失い、じわじわ増えたり減ったりを繰り返します。また、このころから、投資の参考にしていた掲示板に異変が生じます。その中心となる人物が銘柄を投稿したと同時に、ストップ高にいくようになってしまったのです。これでは仕手株を高いところで買わないというルールを課していた私は何もできないことになります。そうしてほかの方法を模索していたりしているうちに、その関連の掲示板の人が逮捕されました。またその掲示板の名前が変わったり、投稿者の名前が変わったり、と右往左往している姿が見え、私はその掲示板を見るのを辞めることになります。

 

新たな掲示板と投資ブログ

 その仕手株掲示板を見限ったとはいえ、人の投稿をみて売買するということに慣れてしまった私。そんな私が一から自分で考えて投資をすることができるでしょうか?というわけで別の掲示板や投資ブログを読みあさる時期が始まります。出会ったものは、デイトレ・チャート・バリュー株・日経平均予想関係のブログや掲示板でした。このようなサイトをみながら、私なりに考えて売買していたのですが、

デイトレ→人まねだと迷いが生じる。

・チャート→重要なものそうでないものの認識ができてないので売買でうまくいかない

(ボリバン、GC,DC、サイコロ等、こうなったら必ずこうなると思う傾向。チャート分析という概念を知れた意味では後々には効いてくる)

日経平均予想→そもそも予想が当たっていない

(これをきっかけにETFという存在を知る。)

 

唯一役に立ったと思うバリュー株

・バリュー株→これを発端に、投資の本当の基礎知識の勉強をするきっかけとなったので、当時みたブロガーさんには感謝しかありません。

いもらうの負けない投資 【分析で相場に勝つ】

http://imolau.blog99.fc2.com/

 このブログを一番見ていた気がします。これ自体もすごく勉強になりましたし、この方のブログの立会外分売についてのあれこれをみて立会外分売を知り、そして始めることにもなりました。また関連する人々もすごい投資家さん達で、情報をしっかりとブログで公開していてくれたので、こういう観点で銘柄をえらぶのか。という知識を拡大できました。ディーエムエスグリーンクロスはこの時の思い出の銘柄です。

 

2014年の利益

 ですが、このあたりバリューの投資をしっかりできていたわけではなく、IPOデイトレで失敗したり、スカイマークや急落後のガンホーをさわっていたりと今からすると恐怖でしかないことをしています。そんなこんなで特に投資手法も定まっていませんでしたが、日本株の全体的な上昇に支えられ、80万から断続的に70万入金して150万へ、最終的には8万の利益がのり158万へとなりました。このように5.3~10%の利益で2014年を終えることになりました。(次回に続く)

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

4/8 日経平均の先行き予想と個人的なスタンス

※本ブログの情報は必ずしも正確であるとは限りませんし、予想についても個人的な見解です。投資は自己責任で。

※新しいニュースや、毎秒変わるチャート次第で私の考えは簡単に変わります。ご容赦ください。

という二つの前置きを置いて話していきます。

また今回の予想の結論は、先行き予想を諦めた、です。先行きがどうなるか知りたい人にこの記事は申し訳ないですがお勧めできません。

 

vixショックから4/6までの相場と投資スタンス

f:id:papyrus1:20180408231453p:plain

これは4/6時点での日経平均のチャートで、それに少々書き加えたものです。私は1、2/6のVIXショック時、たまたま株を保有していませんでした。これは年末ほとんどの株を利食いして、決算に備えていただけで実力でもなく奇跡的に持っていなかっただけになります。この直後2/8から2/14まで良決算なのに地合い降られて下落していた良銘柄を数社買っていき、数%上がるまで待って売却する。というような投資をしていました。

 

そして2での日経ショートが完璧にきまります。しかしポジションが大きかったのもあって、日経が下がるごとに小幅に利確していたので二番底までは保有しきることができませんでした。

 

3の二番底地点では下がっていた銘柄を数社に分散し、小資金で買っていき、これも数パーセントの利益で売りました。

 

次の4の地点、基本戻り売り目線だったこともあって、しっかりとショートしました。しかし、結構陽線がおおく、この時損切をしています。

 

5の時点では一応ショートしましたが、4の時点で日経の下落予想にやや懐疑的になったので、小さなショートでした。そして翌日そこそこ下がった時点で売って、さらに下に行く姿を眺めている感じになります。

 

最後に6、二番底を割って、これは強めのショートか?しかし権利日だし優待クロスでいいでしょう。ということで全資産優待クロスに回していました。3/26に裸で買った方が配当も取れたし、利益も乗っていたので結果的によかったです。でもさすがにそれは怖かったですね。その後、上の黒のラインでショートするもそれを上に抜かれ損切りしました。

 

このような、二番底を下に抜けてからの、上昇トレンド転換か?みたいな相場、はっきり言って意味が分からないですよね。私は最初赤のラインで相場を見てて、3/26に黒のラインで相場をみることにしたものの、あっさりと上に抜けられて直近での短期予想を諦めました。ということで短期的なトレードは控えつつ、ほしい銘柄が下がってきたら買いたいなあ、というようなスタンスに転換しています。しかしこの間になんと8%程度資産を拡大することができました。一時10%近く伸ばしたのですが、最後少し損切

 したので…

 

まあこの意味不明な動き、トランプさんの発言に世界が注目!みたいな一言で片づけられるのかもしれませんが、相場が不安的で予測も立てにくいときは、世界一の最強安全通貨()の円にでもして保有しようかと考えます。でも最近円も弱いんだよね…

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします

<自己紹介②>2013年、初めての株式投資<仕手株との出会い>

 
2013年、50万で株式投資開始!

 そんなわけで、2013年8月、アベノミクス真っただ中に50万円と、偏った知識をもって松井証券で投資デビューをしました。そして最初に買った株は、テイツーテイツー古本市場等を運営している企業で、当時60円ぐらいの株価でした。私は古本市場というなんだか知っていた企業であることと、60円という買いやすい値段であることから、この株に目を付けます。そして62円5000買い、63円10000売りみたいな板の中で、1000株ぐらいで永遠に1円抜き(62円で買って63円で売る、そして62円になるのを待って、また63円で売るような行為)をしていました。初めてでしたし大学生ですから、1000円儲かったらやったー!みたいな感じです。そんなある日、下のようなことが起こりました。

 

f:id:papyrus1:20180407214707p:plain

仕手株との出会い

 最初にかった株、テイツーはいわゆるそういう株でした。そんなことしらず、私はすぐ上に指値売りをおいている訳です。当然利確され1000円儲かります。でもやったーとはなりませんよね?そのまま持っていたら30000円ぐらいの利益だったわけですから。そしてなんで上がったんだ?と思い調べていると、とある掲示板に行き当たりました。名前は忘れましたし、当時数年前に保存していたのURLをクリックしてみると無くなっていました。でも、それは様々な人間が「○○そろそろ上がりますよ…」「買いだ買いだ全部買いだ!!!」「さすが〇〇師匠!予想全部的中ですね!!!」みたいなところでした。なんだこれ?と思いながらも色々みていると、次の銘柄が出てきて、「〇〇は買いでしょう」の言葉とともに、現実の株価も急上昇していくわけです。初心者である私はそのサイトに魅了されていきました。

掲示板と仕手株、私の売買

 ここで上のテイツーのチャートを見てください。黄色く塗ってある部分ですが、一瞬で150円近くまでいってすぐ100円を割っていますよね?10年チャートですから、何日かあると思いますが、仕手株って要するに実力以上の株価に謎の空気感でいくような株であると私は思っています。で、そのサイトの人々の言葉の力には魅了されながらも思うわけですよね。いやいや、この会社、利益そんなでてないよね?って。そこで私は

・高くなってしまった仕手株はさわらない

ということに徹底的にこだわりながら、その掲示板の銘柄をさわっていました。時には損失をだすこともありましたが、「この人がこの感じで発言するときはこういうことかな?」とか「この掲示板の好きな銘柄の傾向はこんな感じかな?」等は考えていました。今から思うと、ハワード・マークスが『投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識』で言っていた二次的思考がうまいことできていたような気がします。だからなのかもしれませんが、2012年8月に50万で始めた投資は2012年末には59万円と18%もの利益をあげる、という結果に終わりました。(次回に続く)

 

にほんブログ村 株ブログへ
  

閲覧ありがとうございます!良ければクリックお願いします